検定試験

 商工会議所における検定試験は学校教育のいける試験とは異なり、「社会人として活躍できるかどうか」という資質を見極めることが特徴です。ビジネス実務に直結する技能を重視し優秀な社会人の育成、企業が必要とする人材の育成を目的として実施しています。

簿記検定試験

企業においてはあらゆる分野で簿記の知識が必要です。企業の経営内容は、すべて簿記会計で表現でき、簿記を学習することにより、経営管理能力も身に付きます。
詳しくはこちら

珠算(そろばん)検定

「読み、書き、そろばん(計算)」は、子供の頃に身につけなければならない基礎能力です。そろばんを学習することで、計算や暗算力などが高まります。また、数学的な思考力や集中力、記憶力を養うためにも、そろばんは効果的です。
詳しくはこちら

販売士検定試験

販売のプロ」としての資格・検定で「流通業界で唯一の公的資格」として社会的にも高い信頼と評価を得ています。
検定試験は販売に必要な商品知識や販売技術、仕入在庫管理、マーケティングなど、より高度で専門的な知識を持つ人材育成を目指した内容です。
詳しくはこちら

日商PC検定

企業実務においては、パソコンによるビジネス文書の作成能力や業務データの処理分析能力、ネットワークを使いこなす事務能力が必要とされています。この検定は企業に即した実践的なIT活用能力を問う試験です。
詳しくはこちら

電子会計実務検定

会計ソフトを活用した電子会計実務を実践するうえで必要な知識、スキルを問う試験です。
詳しくはこちら

eco(環境社会)検定

環境に関する幅広い知識をもとに率先して環境問題に取り組む「ひとづくり」、そして、環境と経済を両立させた「持続可能な社会」の促進を目指します。
詳しくはこちら

福祉住環境コーディネーター検定

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身に付け、各種の専門家と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。
詳しくはこちら